美少女セクシープロジェクト!!
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


エロ特集のつもりだったけど

 テーマ<-スカイ・クロラは押井版ガンダムである->に変更しますた。エロ特集はまた今度~ 
 ・
 ・ 
 ・
 まず私の漫画を見て頂きたい。
 
 今年8月に公開された押井 守監督最新の劇場作品、スカイ・クロラ。キル・ドレと呼ばれる子供の姿をした若者達が、飛行機乗りとして大空を駆け巡る。緻密な演出の方法論をして世界にその名を知らしめた監督渾身のエンタテイメント作品。原作は研究者であり大小説家でもある森 博嗣。アニメーションの歴史に小説家の一人としてクレジットされるというアニメーションと漫画の道に憧れる路傍の石の私には、夢想すら出来ない程の名誉に、嫉妬すら覚える。まだ作品に手の届かない私が、以前万感の期待を込めて書店に向かった原作に関して、個人の見方を発表する事で、ファンの人達には不快な思いをさせ兼ねないが、許してもらいたい。

 <作品のメインとなる飛行機乗りの少年達は、アニメーションの舞台にふさわしかった。>
 スカイ・クロラに登場するキル・ドレと呼ばれる存在。分かったのは、外見は子供の若者が、戦闘機に乗り、女性とつき合い、酒やタバコを飲み大人として振舞うという事。鉄人28号やガンダムといったロボットアニメは、子供が巨大ロボットを操り活躍するとい大テーマにより成り立っている。子供が活躍するのが当たり前で、その事自体をテーマにした作品は存在しない。相当マニアックで穿った見方をすれば、アニメを観る時目をつぶって来た疑問に、スカイ・クロラは何らかの光明をもたらすはず。創作、と言っても遊びに過ぎない私にも、内心疑問符を打ちたくなる事があっても、ロボットモノの土台となるルールは守るしかない。個人的な話だが、残念な事に私の年代ではどんなジャンルにしたってガチガチにルール、ルールで、目新しさが薄らいでしまっている。凡百の人間ならそれで精一杯だが、私を含めた創作に携わる現代の人間を菩薩の如く掌に遊ばせるトップクリエイターは、ルールとその先にある光明との境界、そのあわいを求め、絶えざる進歩を導く事が出来る。

 <押井 守×スカイ・クロラとの共通点?>
 監督の爪の垢を煎じて飲む様な気持ちで、最新の著作を読んだ。戦後まもない頃の苦労話は、今のゆとり世代が受け得るであろう苦労を重ねても余りあるものだった。その後の栄光となると尚更。私はアニメーションの進化を肌身に体験し、自分なりに取り入れようとたゆまず努力した。その過程に、未だ未完であるが冒頭で紹介した様な、創意工夫の断片が残った。その自分自身よく分からない考えを、劇場版スカイクロラは代弁してくれているのかもしれない。

 <原作に付加された、印象的な舞台設計>
 スカイ・クロラの予告篇を観て、淡い色彩の世界観が印象に残った。キル・ドレ達の心境を、より深めている感じがした。監督は原作からポーランドやアイルランドの風景を思い立つ。さて、私の"俺ガンダム"も、奇しくも中東や東欧をイメージさせる背景が描き込まれている。まあ私のは中学の地理の資料集から適当に引用しただけ。主人公の男女のプロポーズシーンに鬱蒼とした空を描いたのはその場で思い立った。私が用いた演出は偶然なのか、それとも何らかの意味があるのか。スカイ・クロラはモビルスーツこそ登場しないが、私が理想としたガンダムなのかもしれない。是非そういう事にしたい。ロケハンはヴロツワフ基地で行われた。俺ガンの舞台も"低汚染地区 ブロツワフ"。・・・ちょっと待った。これは何の怪奇現象ですか?私は実際にある地名とは知らなかった。

 

 結論 スカイ・クロラは俺ガンダムかもしれない。

 (俺ガンダムを描いたのはスカイ・クロラの公開遥か以前です。UPしたのは去年春。) 

 

 追伸 スカイ・クロラ観に行きたい 
スポンサーサイト




プロフィール

今年32のおっさん

Author:今年32のおっさん


束の間のやすらぎも振り切って ひたすら真っ直ぐに走り続けた 流れる汗拭わずに
 作者 1985年11月17日生
たまプラーザ('85~)→戸田('88~)→鷲宮町('90~)→泉ビレジ('93~)
B型
バトルガンダム(1993年7月)

星のカービィ(1995年4月)

ロボットけんちゃん(1995年9月)

ガンえもんのぼうけん(1995)

バトルガンダム伝説(1995)

ガンダムナンバーズ(1995)

ガンダムナンバー5(1995年11月)

最強戦士ヒデランダー(1996年6月)

2002年(1996)

ガンビット(1996)

ムテキング(1996)

かなえムカツク烈伝(1996年12月31日)

七つの伝説(1997年1月)

ポケットモンスター グリーン(1997)

ガンダム-(1997)

バトえん(1997)

秘伝 霊伝(1997)

馬斗流雨伝(1997)

ちょうミスター(1997)

スーパーマ ばんがいへん(1997)

おじぞうくん(1997)

なれてるヤツにもかなうかも(1997)

スーパービーダマン(1997)

無幻戦隊アーマーズ(1997)

BURI Ⅱブリツー(1997)

ソウル(1997)

ガンダムナンバー5 R リターン(1998年3月19日)

ナンバーガンダムズ(1998)

ガンダムナンバー5 2(ツー)(1998)

ぶーぶー白書(1998)

妖魔大戦(1998)

エッチバトル'98(仮)(1998)

ムービー(1998)

美女アンド美男スーパーバトル!!!(1998)

げき場ばん スーパーバトルー!!(1998)

ガンダムナンバー5 98年版(仮)(1998)

機動戦士ガンダムⅡ(1998年8月)

ガンダムナンバー5 Master(1998)

バトル ファイナル!!BOMER(1998)

サマーナイトクラブ(仮)(1998)

機動戦士ガンダム+(1998)

フレキシオン(1998)

売り女物語(1999年2月)

三谷先生(仮)(1999)

スーパーリニューアル!!バトルガンダム!(1999)

ガンダムナンバー5M "誕生!!"編(1999)

七つの伝説 ―帰って来たコウタ―(1999)

新世紀大戦モンドー(1999)

ガンダムナンバー5 Fフューチャー(1999)

旧世紀ブタゲリオン(1999)

遊女子高生(1999)

謎の占い師(1999)

もしも女になっちゃったら(1999)

ガンダムナンバー5M外伝 MAX(2000年2月)

GIGANIC(2000年3月)

ガンダムNO,1(2000)

セイヤTOアイコ(2000)

Secret ガンダムナンバー5(2000)

妖怪狩り(仮)(2000)

BLACK HOLE(2000)

マスク(仮)(2000)

裏 美味しんぼ(2000)

ガンダムナンバー5 完結編(2000)

最強戦士真ヒデランダー(2000)

魔石(2000)

ポケモンヒーロー(2000)

SUPER BATTLE!!(2000)

無限 ―MUGEN―(2000)

サイドストーリー魔石(2000)

機動戦士ガンダム2000(2000)

狂った歯車(2000)

エッチバトル!(2000年7月)

フューチャーコマンダー(仮)(2000)

美少女中学生の戦い!(2000)

ゲットブックス <気になる女は即ゲット>(2000)

SCENE-1 絵理の謎(2000)

G5(2000年8月)

機動戦士ガンダム2000 地上編(仮)(2000)

もっと脱げ!(2000)

ミッドナイトスクール(仮)(2000)

女と男 SEX BATTLE(2000年10月17日)

未来戦記グランセナード(2000)

近未来戦記ピースオブユウキ(2000)

ローランド戦記(2000)

美少女セクシープロジェクト!!(2000)

機動戦士ネイヴァーガンダム(2000)

G5 feat.妖華(2000)

新世紀大戦モンドー 続編(2000)

ルールカのBODY and SOUL(2000)

VSエイリアン(仮)(2000)

時空戦士(2002)

陽花 ―二人だけの時間―(2003)

姉弟観察(2004)

G5 feat.妖華2005(2005)

十代最後の漫画(2005)

HIKARI(2007)

VICE OF MAD ―LOUD NETWORK-(2007)

決めた(2008)

ヴァンパイヤー戦争(2009)




最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。